--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 12. 10  
第22回日本鍼灸史学会学術大会
2014年11月15日(土)16日(日)京都市国際交流会館 特別会議室 当日のプログラム


       『黄帝内経』における季節に関連する篇について
               兵庫 利川鉄漢

諸言
『黄帝内経』において、五臓の生理機能から病症、治法、養生などは、季節の循環と関連して述べられている。にもかかわらず現在の診断から治療において、どこまでそれらが関連し生かされているかは、いささか疑問に思われることも多い。そこで『黄帝内経』から季節に関連した篇を挙げ、今後の診察や治療に生かしてみたいと思う。

方法
『重広補注黄帝内経素問』『新刊黄帝内経霊枢』(ともに日本内経医学会影印)を使用し
季節用語である「春」「夏」「仲夏」「長夏」「秋」「冬」「四時」などが含まれている篇を挙げ
それぞれの割合と内容を検討する。

結果
『素問』では、運気七篇を含めて、79篇中44篇に上記の季節用語が見られ、うち「春」「夏」「秋」「冬」が見られる篇は35篇、「四時」が見られる篇が27篇、両方含まれている篇が16篇ある。また六月を指す「長夏」が見られる篇が8篇あり、そのうち金匱真言論篇第四では五月を指す「仲夏」と「長夏」の両方が含まれ五季となっている。遺篇とされる本病論篇第七十三には「春」「夏」「秋」「冬」と「四時」の両方が記述されている。
『霊枢』では、81篇中31篇に季節用語が見られ、うち「春」「夏」「秋」「冬」が見られる篇は25篇、「四時」が見られる篇は20篇、両方含まれている篇が13篇ある。また六月を指す「長夏」と「季夏」が見られる篇が全部で4篇ある。季節の総称について五閲五使篇第三十七では「五時」、五禁第六十一では「四季」、順気一日分四時第四十四では「四時」と「五時」の両方が見られる。また、六月について本神第八と五音五味第六十五は「季夏」、順気一日分四時第四十四と論勇第五十では「長夏」と表現記述されている。

考察と結論
『素問』と『霊枢』においては、それぞれの全体のおよそ2分の1の篇に、季節に関わる内容が記述されており、当時の人たちの自然観察力には、頭が下がる思いがする。また順気一日分四時第四十四のように「四時」と「五時」の両方が記術されている篇で、前半部分が「四時」に、後半部分が「五時」となっているのは興味深いところである。
なお「長夏」と「季夏」と記述されている篇のちがいや『難経』七十四難における「季夏刺兪」との関連も、今後の課題として残るところである。
スポンサーサイト
NEXT Entry
『素問』における「火」の概念について
NEW Topics
12月例会報告
12月例会のご案内
11月 合宿報告
10月例会報告
11月は例会は合宿になります。
10月例会のご案内
9月例会報告
9月例会のご案内
8月例会報告
体表に現れる情報の多層性
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

関西漢法苞徳之会

Author:関西漢法苞徳之会
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな>
<医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。