--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 12. 10  
第22回日本鍼灸史学会学術大会
2014年11月15日(土)16日(日)京都市国際交流会館 特別会議室  当日のプログラム


             『素問』における「火」の概念について
                    京都 中 雅哉
【諸言】
医学理論体系としての陰陽五行論が築き上げられている『黄帝内経』であるが、五行の使われ方に変化がみられる。今回は五行の属性の一つである「火」について、『素問』のなかでどのように使用されているかを検討したので報告する。

【方法】
『黄帝内経素問』本文にある「火」の文字を全て検索し、使用された条文中の用法、他の篇での引用について検討した。

【結果】
結果「火」の文字は、『黄帝内経素問』本文中25篇にみられ、文字数は188字であった。一番多い篇は六元正紀大論篇第七十一の67字で二番目に多いのが至眞要大論篇第七十四の24字であった。運気七篇だけを見ると、七篇すべてに「火」の使用が見られ、143字であった。運気七篇以外の篇では、陰陽応象大論篇第五が一番多く11字の使用が確認された。「火」の使用が多く見られた運気七編であるが、他の篇との関係性をみると、陰陽応象大論篇第五、玉機真蔵論第十九、金匱真言論第四との関係性がみられた。

『素問』文中の「火」についての用法を分類すると次のようになる。

①五行の属性としての「火」…34例

②陽の性質をもつものとしての「火」…14例(肝と心の陽気としての「両火」…1例、肝と心の陽気としての「二火」1例を含む)

③熱としての「火」…6例

④物体が燃焼する様の「火」…15例

⑤火灸の「火」…1例

⑥湯火の「火」…2例

⑦日月の明かりとしての「光火」…1例

⑧六気(寒暑燥湿風火)の「火」…50例

⑨五運の「火」…35例

⑩君火・相火(畏火)の「火」…25例(君火相火としての「二火」…2例、君火相火としての「大火」…1例を含む)

⑪三焦の「火」…1例

⑫心の「火」…2例

⑬陽明胃を表す「二火」…1例

⑭五火(両火)としての「火」※『一水不勝五火』太素では「両火」…1例


【考察】
今回運気七篇を含む、素問の文章を調査したわけだが、明らかに多くの使用例が、運気七篇に見られた。分類では、あえて五行としての「火」を六気としてや、五運として使用されているものと分けてカウントしたが、君火・相火の「火」とのカウントを合わせると110例となり半分以上を占めることになる。運気七篇以外の使用例であるが、五行的使用を除けば、おもに分類②の陽気、③の熱、④の物体が燃焼している様を表す「火」での使用例が多く見られた。分類④で特徴的なのは、『陽盛則夢大火燔灼』『逢風寒如炙如火者』などのような、物質が燃焼している様を表す「火」を病の症状と対応させた使用例が運気七篇では見られないことである。全体では「火」を外因としている部分が運気七篇以外では見られなかった。
スポンサーサイト
NEXT Entry
12月例会のご案内
NEW Topics
12月例会報告
12月例会のご案内
11月 合宿報告
10月例会報告
11月は例会は合宿になります。
10月例会のご案内
9月例会報告
9月例会のご案内
8月例会報告
体表に現れる情報の多層性
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

関西漢法苞徳之会

Author:関西漢法苞徳之会
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな>
<医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。