--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 09. 03  
 鍼灸医学は病因・病臓が判断でき、病位・病性・病態と変動経が把握できれば
経絡を運用した治療が可能である。
そのためには的確な病症解析と診断が第一に重要なことであるのは言うまでもない。
そして幅広い治療を可能にするためには
診断は一つの方法に拘わらず病症解析と四診を総合して多面的に病を拘えるべきであり、
病は立体的にイメージすることが先決である。
何故ならば、病の体表での反応は多層的であり
単一の反応を表現している事は非常に少ないからである。
逆説的にいうならば、一つの方法に拘ることは自ら治療の有効範囲を狭めることになる。

 その多層的に体表に表現される生理的病理的反応には
1.病因に応ずる反応
2.季節循環、特質に応ずる反応(注―病因の六気〈風・熱・暑・湿・燥・寒〉と
  気候の五運〈春・夏・長夏・秋・冬〉の関連として言えば、まさに運気の反応としてとらえることもできる)
3.病臓に直接的に反応しているもの
4.体質やライフスタイルに対応した反応
5.病位を示している反応
6.痰飲や瘀血などの病理的生理的産生物に対応した反応
7.病態に対応している反応
8.剛柔・長生に関連する反応
9.子午・運気に応じる穴の開闔を表現している反応
10.経脈の走行部位(支配領域)における皮部・経筋などの変動に関連した反応

などが存在している。
日々臨床の場においては、それらが複合に絡み合って反応を現している。
それらを正確に把握するためには、人身の全面と病候の全体を立体的に観察することが必要である。
体成分としては〈衛・気・栄・血〉を主とし
部位論的には〈前・後〉〈腹・背〉〈左・右〉〈頭・体幹・四肢〉〈上・中・下〉
機能的には〈皮毛腠理・血脈・肌肉・骨〉
〈関節・筋膜・腱・軟骨・腱板・関節包・骨膜・骨髄などの機能組織学な側面〉などを
〈解析・推理・演繹・対比・総合などを行って〉論理的に医学的に加工することができなければ
診断は成立しないことになる。
特に人身の生理的なものは、シンボル的に
一群の生理的病理的現象や機能を五行論的な集合として考察するという漢法医学の際立った特徴を考慮し
また経脈にも陰陽五行論的に所属させている点を考慮すれば
病証の把握を、五行・五臓に集約することは、臨床の必要にもなっており有用なものとなっている。

                                        八木素萌先生の資料より
スポンサーサイト
NEXT Entry
8月例会報告
NEW Topics
12月例会報告
12月例会のご案内
11月 合宿報告
10月例会報告
11月は例会は合宿になります。
10月例会のご案内
9月例会報告
9月例会のご案内
8月例会報告
体表に現れる情報の多層性
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

関西漢法苞徳之会

Author:関西漢法苞徳之会
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな>
<医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。