--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 09. 06  

2日目午後の部は

会員の先生による自由研究発表です。

はじめは三好孝範先生。

1108280472.jpg

身体の様々なことについて

ピックアップしてまとめて報告していただきました。

動的平衡バランスがテーマですね。

漢方的なことも含めて

現代的にはどういったことを言っているかなど

検証するのも

また臨床に幅が出てきますね。

1108280474.jpg
                      ↓
                      ↓
                      ↓
1108280475.jpg

実技も行っていただきました。

上体を反ることで、横隔膜にストレッチがかかり

それによって腰の前屈の改善がみられるなど

実際に行ないました。

1108280476.jpg





1108280481.jpg

つづきまして

向山高之先生によります「ロコモティブシンドローム」についてです。

略して「ロコモ」。

日本語では運動器症候群といいます。

1108280482.jpg

当日配布されました資料です。

1108280480.jpg

1108280478.jpg

主に加齢による運動器障害のために、移動能力の低下や

要介護になっていたり、その危険の高い状態がこのロコモです。

その三大要因

①骨粗鬆症、骨粗鬆症による骨脆弱性骨折
②変形性膝関節症や関節炎による下肢の関節障害
③脊椎管狭窄症による脊髄・馬尾・神経根障害

があげられます。


ロコのチャック項目に新たに2つ加わり

現在7項目あります。

①家の中でつまずいたり、滑ったりする
②階段を上がるのに手すりが必要
③15分くらい続けて歩けない
④横断歩道を青信号で渡りきれない
⑤片脚立ちで靴下がはけない

新項目
⑥2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難
⑦家のやや重い仕事が困難


最後はロコトレーニングとして

開脚片脚立ち、左右1分に挑戦しました。

私はフラフラしてしまいましたが

皆さんは流石に?しっかり立たれていました。


最後は

吉村先生の「婦人科疾患の対応」についてです。

男性の先生では

なかなか問診しにくい部分では

どのように対応すればよいのか

また女性疾患の細かな症状やケアや治療について

また来院患者さんの男女の比率など

多岐にわたり

お話して下さいました。

質疑応答形式でおこなわれ

様々な質問にお答えくださいました。


普段の例会ではなかなか深い話までは出来ませんが

やはり合宿なら、あまり時間を気にせずお話が出来てよかったです。


お話では笑いもあったりと終始和やかなムードでおこなわれました。

とても寝不足な状態とは思えませんね!


私が印象に残ったのは

「心に響く鍼」です。

吉村先生の臨床にかける思いが伝わるお話でした。



3先生方貴重なお話ありがとうござました!





            第5弾へつづく…実技篇



人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
NEXT Entry
夏季合宿報告 その5
NEW Topics
12月例会報告
12月例会のご案内
11月 合宿報告
10月例会報告
11月は例会は合宿になります。
10月例会のご案内
9月例会報告
9月例会のご案内
8月例会報告
体表に現れる情報の多層性
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

関西漢法苞徳之会

Author:関西漢法苞徳之会
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな>
<医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。